The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

116.15

Region(エリア)

Japanese

Age(熟成年)

25

Alc.%

58.9

Cask Type(樽の種類)

Japanese Oak

Distilled(蒸溜年)

1983/09

Outturn(ボトリング本数)

170

Release(リリース日)

2009 Q Autumn

 

 

Title(題)

ピートの酒にしてはピートが感じられない Not peat for peat's sake

コメント

香りが落ち着くまで時間がかかる。最初は、いささか気になるアセトンの香りがかすかにして、すぐにドライフルーツ、グーズベリー、塩味のピーナッツ、ピート、ビストウ(英国製のグレービーソースの素)のグレイビーソースが続く。加水前の味に、ピート、木炭、灰、スモークなど、決定的な‘驚くべき’要素が表われる。また、バルサミコ酢、焼き豚に使われる五香粉、胡椒、スミレ、磨かれたレザーも存在する。加水することによって、煮込んだフルーツ、キウイフルーツ、バニラ、ナッツバーの香りが引き出され、その一方で味は、メロン リキュール、リコリス味の粉末ソーダへと変わる。「ピートの酒にしてはピートが感じられない」と人は言う。ピートは、加水後も明らかに感じられるが控えめ。モルトマイスターは、すばらしく調和が取れていると思っている。蒸溜所は北海道にある。

Comment

The nose needed time to settle (initial suggestions of acetone disquieted one or two), but there soon followed dried fruits, gooseberries, salted peanuts, peat and Bisto gravy. The unreduced palate displayed definite 'Wow' factor, with peat, charcoal, ash and smoke. There was also balsamic vinegar, five-spice powder on roast pork, pepper, violets and polished leather. Water brought out stewed fruit, kiwi-fruit, vanilla and bar-nuts, while the taste turned to melon liqueur and liquorice sherbet dips. The peat, still obvious but restrained, `Not peat for peat's sake` said one. The Malt-meister thought it had great harmony. The distillery is in Hokkaido.

Price(価格)

¥17,000

プリントアウト用PDF

116.15.pdf PDF

リストへ戻る