The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

105.19

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

28

Alc.%

55.1

Cask Type(樽の種類)

1stSherryHogg

Distilled(蒸溜年)

1983/09

Outturn(ボトリング本数)

315

Release(リリース日)

2012/06

 

 

Title(題)

‘神の御子は今宵しも’ ‘O Come All Ye Faithful’

コメント

芳醇で複雑な香りは、軽くチクチクした痛みが伴う。糖蜜がけベイクドハムから始まり、リンゴ酢、乾燥したセビリアオレンジピール、ナツメグ、シナモン、クリスマススパイス―さらに、ほんのわずかなにホットワインもあらわれ、さわやかで生き生きとしている。
味は口当たりがよく甘く、苦めのトフィーと湿気を帯びた木材と焦がしたオレンジの皮―さらにあと味でスパイスの香り。加水すると、ハーブの香り(セージ、オレガノ、セイボリー)が増し、トーストしたホットクロスバン(Good Fridayに食べる十字の印が入ったパン)とかすかに擦ったマッチが伴う。
味は、さらに口当たりのよさが増し甘さが残り、さらに焦げたトフィーとダークチョコレートのあと味。
1990年以降、スペイサイドで最初に建設された蒸溜所。
カラー: 年代モノのコニャック 。深みと風格のある磨かれたマホガニー 。年(1.1)
ソサエティ日本支部の一言【よく熟したプルーン、枝つきレーズン。少しこがしたハチミツ。ビターチョコと数々のスパイス。】

Comment

Light prickle on a rich and complex nose: glazed baked ham to start, with cider vinegar, dried Seville orange peel, nutmeg, cinnamon and Christmas spices – even traces of mulled wine. Fresh and vibrant. Smooth and sweet to taste, with bitter toffee, damp wood and singed orange skin – and spice notes in the aftertaste. Water increases herbal notes (sage, oregano, savory), with treacle toffee, toasted hot-cross buns and a hint of struck matches. Even smoother in the mouth now; still sweet, then burnt toffee and dark chocolate in the aftertaste. From the first distillery to be built on Speyside after 1900.
Colour: Deep patina polished mahogany; old cognac (1.1)

Price(価格)

¥15,500

プリントアウト用PDF

105.19.pdf PDF

リストへ戻る