The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

105.14

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

26

Alc.%

55.8

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Butt

Distilled(蒸溜年)

1983/09

Outturn(ボトリング本数)

330

Release(リリース日)

2010/08 Ex.ハガキ

 

 

Title(題)

より深く響く心地よい歌声 A sweet song with deeper resonances

コメント

最初の香りは、むしろ奇妙な感じがする。糖液、濃い色のチェリー、アルマニャック、トフィーアップル、クランキーバー、皮革、イチジクの香りがするコーヒー。味は、甘く優しく歌うよう。ダークチョコレート、クリームブリュレ、ハチミツ、イチジクのシロップ、こんがり炒ったココナッツ、そしてスパイス棚のフィニッシュが長く続く。加水後の香りは、熟したパイナップル、バニラケーキとトフィーがけのポップコーン。やがて独特なプラスチックの香り(タッパーウエアーの中に注がれたデメララ酒)があらわれ、のちに、マーマイト(イーストと野菜エキスのペースト)と焼いたハムがさらに深く影響する。加水後に甘さ(シンダートフィー、チェリーシロップ、ドクターペッパー)が瞬き、好ましいスパイシーさと木の質感で締めくくる。蒸溜所は、1958年、アルバート・リチャードソン卿によって、派手にデザインされた。

Comment

The initial nose was rather curious; treacle, dark sherry, armagnac, toffee apples, Crunchie bars, leather and coffee with fig. The palate sang sweetly of dark chocolate, crème brule and honey, with syrup of figs, toasted coconut and a long-lasting, spice cupboard finish. The reduced nose had ripe pineapple, vanilla cake and toffee popcorn; an unusual plastic note appeared (`demerara in tupperware`), then deeper resonances of Marmite and baked ham. Flashes of sweetness on the reduced palate (cinder toffee, cherry syrup, Dr Peppers) settled to a pleasant spicy, woody finish. The distillery was flamboyantly designed by Sir Albert Richardson in 1958.

Price(価格)

¥14,500

プリントアウト用PDF

105.14.pdf PDF

リストへ戻る