The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

1.202

Region(エリア)

Speyside Spey

Age(熟成年)

22

Alc.%

53.8

Cask Type(樽の種類)

Virgin oak hogshead, heavy toast/medium char

Distilled(蒸溜年)

1993/9/1

Outturn(ボトリング本数)

198

Release(リリース日)

2017/4/25

 

 

Title(題)

楽しく愉快な 香りは素晴らしいオークの桶板のハチミツがけ、ジューシーなブラッドオレンジ、パイナップルのチョコレートがけそしてブラックカラントの炭酸の飲み物に迎え入れられた。初めは激しくそして噛みごたえがある、例えばヒメウイキョウの種や硬いトフィーのお菓子の様に。水を足すと香りが引き立ち、蜜蝋のろうそく、古い舞踏会のガウンそして新鮮はミツバチの巣の香りがする。そして甘い木、例えば空のシガーケース、ダークチョコレートのオレンジフォンダン、アーモンド入りのヌガーそしてしっかりとしたタンニンが全体のをしっかりさせ余韻を長くする。22年間元バーボーンの大樽で寝かせ、新オーク大樽に入れ替えて残りを熟成させた。

コメント

Delightfully delectable

Comment

The panel were greeted with truly delectable aromas of honey on oak staves, juicy blood oranges, chocolate covered pineapple and fizzy blackcurrant drink. Initially fiery and chewy like caraway seeds and hard toffee sweets. Water released perfumed incense, wax candles, an antique ball gown and honey comb fresh from the hive. Then sweet wood like an empty cigar box, dark chocolate with orange fondant, nougat with almonds and firm tannins giving structure to the long lasting finish. After 22 years in an ex-bourbon hogshead, this whisky was transferred into a virgin oak hogshead for the remainder of its maturation.

Price(価格)

¥18,000

プリントアウト用PDF

1.202.pdf PDF

リストへ戻る