The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

1.178

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

11

Alc.%

56.8

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2002/07

Outturn(ボトリング本数)

232

Release(リリース日)

2014/5

 

 

Title(題)

パパドムにのせたミントライタ Mint Raita on a papadom

コメント

ストレートの香りはタイム、セージ、オレガノ、ミントが並ぶ地中海のハーブガーデンを春の早朝に散歩しているかのよう。
リンゴと洋梨のフルーティな香りが徐々に現れ、アイスクリームにオレンジスライスのハチミツ・バニラ煮をのせたさらに甘い香りも現れる。味にもこの甘いテーマが続く:トフィーでグレージングした洋梨の砂糖煮のカラメルソース掛け、しかし間もなくひんやりと新鮮な香りが戻ってくる – パパドム(インドのクラッカー)にのせたミントライタ(インディアンサラダ)。
加水すると、香りはブラックカラント、白檀、ショウガの香りを伴う「シナモンスパイス香油」のようにやわらかくなる。その味はフレッシュフルーツサラダのようにジューシーで甘く、スパイシーで、私たち全員がホットトディを思い出した。

Comment

The aroma neat was like an early spring morning walk through a Mediterranean herb garden with thyme, sage, oregano as well as mint.
Fruity notes of apples and pears gradually appear and so do sweeter notes of honey-vanilla spiced orange slices on ice cream.
The taste continues the sweet theme; toffee glazed poached pears with a caramel sauce but soon the cool and fresh notes are back – mint raita on papadom.
Water turns the nose mellow like ‘cinnamon spice perfume oil’ with notes of black currant, sandalwood and ginger. The taste is now as juicy as a fresh fruit salad, sweet and spicy reminding us all of a hot toddy.

Price(価格)

¥8,500

プリントアウト用PDF

1.178.pdf PDF

リストへ戻る