The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

1.164

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

27

Alc.%

52.1

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1985/10

Outturn(ボトリング本数)

230

Release(リリース日)

2012/04

 

 

Title(題)

チェシャー猫のウイスキー Cheshire cat whisky

コメント

甘い天の恵み―トフィー、ファッジ、カラメル、トフィフィ(キャラメルの中にチョコレートとクルミが入ったドイツの菓子)、バニラ、蜂蜜―しかしさらに―紅茶の箱、スパイスラックアロマティックな煙、焦げたヒースと図書館の鉛筆。我々はそういった香りを終わりなく嗅ぎ続けた。
加水するとフルーティーさが花開き―シャーベット、オレンジの皮、桃、ストロベリー、缶詰のブドウ、甘い樹液、そして軽く煙。パネリストたちはチェシャー猫のごとくにやにやと笑った。
甘く、オーク感のある味には錠剤、ファッジ、とパン生地があり―焚き火のそばの明るい印象として。また暗い一面もあり、それは木の香りや土っぽさ、べたつくカシスと糖蜜を伴うドライさ。加水でそれもぱっと明るくなる―スターバースト(フルーツ味のソフトキャンディ)、スキットルズ(M&M’sのような形状のフルーツキャンディ)、スパイシーなアドヴォカート(エッグリキュール)。
常にジョンまたはジョージが率いる家族経営の蒸溜所から。
* チェシャー猫: 英語の慣用句「チェシャーの猫のようににやにや笑う」”grin like a Cheshire cat”を擬人化した「不思議の国のアリス」のキャラクター。
色:磨かれた金(1.1)
ソサエティ日本支部の一言【キャラメルがけのバニラアイス。懐かしいウッディさ、ゆったりとトースト。】

Comment

‘Sweet manna from heaven’ – toffee, fudge, caramel, Toffifees, vanilla, honey – but more – tea chests, spice racks, aromatic smoke, burnt heather and pencils in a library – we could have sniffed it endlessly. Water opened up the fruit – sherbet, orange zest, peach, strawberry, tinned grapes, sweet sap and light smoke – panellists grinning like Cheshire cats. The sweet, oaky palate had tablet, fudge and bread dough – by an open fire; but it also had a darker side – woody, earthy, drying, with sticky cassis and treacle. Water brightened it up – Starbursts, Skittles and spicy Advocaat. From the distillery always directed by John or George.
Colour – polished gold (1.1)

Price(価格)

¥16,000

プリントアウト用PDF

1.164.pdf PDF

リストへ戻る