The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

1.146

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

42

Alc.%

44.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1966/12

Outturn(ボトリング本数)

76

Release(リリース日)

2009/Life 12~

 

 

Title(題)

エキゾチックな褐色の少女 Exotic dusky maiden

コメント

磨かれたウッドと接着剤の最初の香りから、豪華なジャファ ケーキ〈やわらかめのクッキーにオレンジジャムを重ねチョコレートでコーティング〉とチョコレートに少し浸したジンジャーの香りへと移行する。だれかが香辛料市場のようだと言い、我々は皆、異国のフルーツに夢中になる。オレンジブロッサム、ジャスミン、ミモザ、ブーゲンビリアと、花の香りに驚嘆する。蒸溜所関係者のパネラーは、Ambre Solaire〈日焼け用オイル〉を塗った肌の黒い乙女を見とめる。味は、甘いフルーツ、花やシナモンがふりかかったカプチーノと調和するタンニン(紅茶、オレンジピール)を感じる。加水後、再び香りに注目すると、オリエンタルなスパイス、大量のオレンジ、チョコレート、イタリアン トリュフ オイルを感じる。加水後の味は、オレンジの皮、バラの花びらのターキッシュディライト〈トルコ伝来の求肥に似た菓子〉、丁子の風味がして、実に注目に値する!蒸溜所は、メリーパークのちょうど東にある。

Comment

Initial polished wood and glue gave way to luxurious Jaffa cakes and ginger dipped in chocolate. Someone mentioned a spice market and we all enthused about exotic fruits. The floral perfumes were amazing – orange blossom, jasmine, mimosa, bougainvillea; the Whisky-creator found a dusky maiden wearing Ambre Solaire suncream. The palate had tannins (tea, orange peel) matched by sweet fruit and flowers and cappuccino dusted with cinnamon. Water refocused the nose – oriental spices, lots of orange, chocolate and Italian truffle oil. The reduced palate had orange zest, rose petal Turkish delight and cloves; quite remarkable! The distillery is just east of Marypark.

Price(価格)

¥32,000

プリントアウト用PDF

1.146.pdf PDF

リストへ戻る